スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

「その先にあるモノ」

 ご機嫌うるわしゅう。

はい。今日も来ました。

えっ⁈ もろっ(゚д゚)! 的なブログ。

「まんヲジシテ」。

略して、マン手。


・・・・・。



うん。色々ある。

皆まで言わない。

はい。ボク、ビロえもん。


はい、早速、ビロビロ花火を、

ぶちまけますよ~。



ビ・・・。



ビ・・・。



ビ・・ロ・・。



ビロ・・ビロ。




はぁぁ~~‼









・・・・・。


あ~と。


規制がかかりました。

もう、ダメでっす。



・・・・・。



そろそろ、本題にイカないと、


冒頭で、終わってしまいますよ~。


今日も嫌な予感がして来ましたよ~。


では、「Water weed」でっす。


はい。副題は

「水中でも育成可能な雑草たち」

はい。私あたりは、

タイトルだけで萌えますが、

水草アクアをやってる方でも、

まったく興味のない方も、

いると思われる分野でっす。

あ~と。

まず、参考文献を紹介しまっす。

Minima Vol3 2003年 の中から

「Water weed」高城邦之氏執筆でっす。

そして、こちらを紹介およびブログに

記載をきっかけは、こんなメールを

頂いた為でっす。

「野外採集の水草の水槽導入法を

書いて下さい。」

・・・・・。

はい。わかりました。

素直に嬉しいでっす。

名前出しの許可とっていませんので、

アレですが、皆さんご存知なアノ方でっす。

オチャメ加減がサイコーに素敵で尊敬してます。

ちなみに書いていいものなのか、

わかりませんが、

メールの冒頭には、

「私の本名なんか、Sが1コ、Mが2コ、

Hが3コあります」って書いてました。

御見それしました、センセー。


いやぁ~、ステキでっす。

ボクもこんな大人になりたいなぁ⤴



・・・・・。




・・・・・。


あ~と。


ここでタイムアップ‼


なんの記事なのか


サッパリわからな加減が、


このブログらしくなってきました。


次回は、ホントに記事書きまっす。


ちょっとアッチ方面の病院に行って、


アレの検査してきまっす。


掛け持ちイッパイ〇ッパイでっす。



ほでわ、チャンズー✋






おまけ:



ふと、モウロウとした意識の中、

気づくと外を歩いていたようです。

といっても、身体は思うように、

動きませんから、

家から半径30m以内。

家の向かいの野原を見ていました。

そこは、元公務員宿舎だった場所。

雨が降り、新緑の若葉も、

少し寒そ…

「芋もスキ」

ご機嫌うるわしゅう。

ムロ飛ぶでっす。

はい。ついに、1年に一度の

イベントが参りました。

「トムロビん家の芋事情コレクション2016」

・・・・・。


はい、予告どおりは、ヤリませんね、
モニターの向こう側で怒ってますよ~。
いえ、安心して下さい、
ここは、エモローランド。
今宵も、あなたの安眠の
邪魔は致しません。
退屈過ぎて、すぐ眠りに
いざないますよ~。
さて、それでは、
睡眠薬系ブログイベント。
略して、トムロビの「イモコレ」
スタートでっす。

・・・・・。


一番は、コレでっす。
ほい。


スパティフィラム。

んっ⁈  ・・・なんですか⁈

現在、イモコレ中なんですが、

んっ⁈ 水草でない⁈

・・・・・。



・・・・・。






ほい。



はい。

アヌビアスの群生でっす。

定番種しかないですよ~。

ナナ、グラブラ、ミニマですか⁈

もう、解りませんよ~。

だって、花咲いても、

全部一緒ですよ~。

同定出来ません。




ほい。



これもアヌビアスでっす。

アフゼリーでっす。

なぜか、これだけ単品でっす。



ほい。



お~と。

また、観葉出ました。

アグラオネマ シルバークイーン

うちに来て、結構経ちます。

彼女の子孫は、そこそこいまっす。



ほい。



はい。また。

ポトス ゴールデン。

今冬で唯一、温室栽培で始終、

調子悪かったです。

ポトス、苦手。




ほい。



これも、アグラオネマでっす。

さっきのとは、別種でっす。

細葉のオネマは好みでっす。

幼株から、育てました。

冬の間もずっと生長してました。

温室栽培に適してまっす。




ほい。



フィロデンドロン クッカバラの幼株。

下のは、フィカスでコショウ科でっす。





飽きてきました。

やっと、温室のイモ半分でっす。

んで、クリプトコリネでっす。

いつもは、ここでバイバイしまっす。

でも、これだけの為にブログ更新は、

出来ません。

現代人、忙しい。ポポ知ってる。


・・・・・。




では、ほい。



少し、違うの混じってます。

ペッチー、ピグマエアとsp.が一つ。



ほい。



sp.のアップでっす。2年経ちます。

ずっと、このまま。

ボコボコもウネウネもなし。

花も付けません。

どなたか教えて下さい。



ほい。



キリアータ。

本来は、河口周辺の汽水域にも、

群生出来る種でっす。

よく、うちの環境に

慣れたと思いまっす。




「星がスキ」

 ご機嫌うるわしゅう。

オッス、おら、ビクウ‼‼‼

今日も、張り切って更新すっぞ‼

・・・・・。



..ハー、メー、ハー、メー....  プッ!



・・・・・。








はい。失敬しました。

トムロビでっす。

サックリコーンスナックでイキますよ~。

今日は、誰も待っていませんが、

スターレンジの実生実験を書きまっす。

ちなみに、これ書くの2回目ですよ~。

昨夜、深夜に書いてて出来たと思ったら、

すべて消えましたよ~。

枕がビチョビチョですよ~。

・・・・。




では、ほい。



まず、準備でっす。

さらに、これを参照して、

進めてイキますよ~。

ほい。



私のバイブル、アクアプランツNo.02。

「Roots」さんの解説で、

ホシクサ特集でっす。

大変、興味深い話しでっす。

更に、宮本 太氏のホシクサ話しが、

続きますが、秀逸でっす。

はい、この中の記事に魅力な写真が、

あります。

ほい。



出ました~。デカイ。

ホシクサの鉢植え。

5号鉢って書いてます。15㎝。

もう、ただのアガベにしか見えません。

いつか、作りたいでっす。

他にも、スターレンジのワイルド株や

トニナsp.の地域変種やらの写真など、

盛り沢山な内容でステキでっす。

が、肝心の実生記事に、写真が

ありません。

私、スターレンジの実生初でっす。

絶心配。

しかし、ヤったもん勝ちですよ~。

ピーーー逃げしますよ~。





・・・・・。




では、連続タイムアタックしますよ~。

現代人は忙しいですよ~。

ほい。

















出来ましたぁ~。

今回は、下葉が変色し始めた

サンパウロだけ、ヤリました。

まだ、種が成熟していませんでしたが、

親株を枯らすわけにいかないので、

しょうがないでっす。

種は、全部で70ぐらいありまっす。

残りは、トムロビ種保管庫で、

乾燥保存でっす。

同時に植えたサンフランシスコ川産と

タパウアウ産は種付きが悪かったので、

多分、親株が弱らないと判断して、

そのままでっす。

さて、どうなるでしょうか⁈

親があるので、失敗しても

気にしませんよっ‼‼‼ 

-ホントハ、カナシイクセニ







おしまい





次回。緊急企画、

「Water weed」が始まるかもでっす。

尊敬するインドな、少しお茶目な

あの方から、リクエストメールを、

頂きました!

現在、構成について、

会議をしています。

一人で。







おまけ:



「こうするの」

 ご機嫌うるわしゅう。

ビロッ子のみんな、アレの時間が、

始まるよ、さぁ、呼んでみよう‼


ネ・・・・。


・・・・ネ・・。





ネオ先生ぇぇ⤴⤴⤴









・・・・・。




ほい。



はい。私、トムロビはいつも

ネオ先生に植物を教えてもらってます。

ウソのような、ホントの話し。

ええ、本屋さんで、買う時も

一切の迷いは

ありませんでしたよ(。-`ω-)キッパリ

- カラダハオトナ、チノウハショウガクセイ。


・・・・・。



はい。今日もキました。

キモキモタイム。

トムロビのSは、どSのエス。



んッ? S入ってないな。




・・・・・。


という訳で、無駄な字数の、

浪費しました。

さて、

挿して切るの話しでっす。

簡単でっす。

イキまっす。

ほい。



植物を生やしたい場所を

トリミングして、

ほい。



植えたい水草を


挿す。挿す。挿す。



1,2週間で根付きます。

水面に近いと消灯時に空気を

取り込めるので、根を張ります。

根が張れば脇芽が出ます。

そしたら、また脇芽を切って挿す。

横にボリューム出したい時は横から

挿す。斜め下なんかも出来ますので、

楽しいです。

繰り返すと、底床に植えるより、

かなりの速さで

倍倍に増え、ボリュームを出せます。

長さも、切り揃える必要ありません。

長いのは、深く。

短いのは、浅く、挿すだけです。

更に上にボリュームを出したい時も、

基本は繰り返しです。



んっ?

途中の挿し方は解った、

最初はどうするんだ⁈って聞こえて

来ました。

はい。最初の土台は、重要です。

説明します。

まず、最初だけは、出来れば水上葉の

水草を使いたいです。

理由は、根張りの良さで底床に

がっしりと根を下ろしたいからでっす。

水中葉の水草は、すでに葉面吸収を

出来る形ですので、根張りが弱いんです。


※ロゼット形は、根吸収が得意ですので、

根は、深く張ります。

ただ、ロゼットでは、ボリュームをだすのに、

生長障害がはなはだしい為、

今回は、含みません。



続けます。

そして、いつも植えるより密植します。

さらに、一般に前景草と呼ばれる水草を

その密植の隙間に詰め込むかたちで、

植えます。



解りづらいのですが、ガラス面に映る、

ニューラージが、見えます。

理由は、二つあります。

1つは増やしたい水草の

根が張るまでのグラウンドカバー

(目隠し)と浮力による抜け防止です。


※グラウント…