スキップしてメイン コンテンツに移動

「ウォードの箱・現代論」


ご機嫌さんでっす。

Mr.ロビックでぇす。



え~、ロビゴスティーニの3発目、イキまっす。


ピャ



・・・・。





はい。

というわけで、

アクアリウムのホント話しで、

水深論を描こうかと思案して

参りましたが、

インリン度(刺激)が高過ぎて、

躊躇(ちゅうちょ)しました。


止めます。

オブラート5枚に包んでも、

毒物過ぎるので。


私はアクアリウムに革命を

起こしたい訳ではないでっす。



で、甘々なお話しも何なので、

最近、水草カテ内で、

キーワード的に出てくる

水草ストックを書きやす。


うん。オブラートいらない。



では、私の家の水草ストックを

出しましょう。


ピャ



あ、写真が16:9になってる(笑)

あ~と、脱線しますが、

カメラを変えました。

明るいレンズが欲しくて、

コンデジ(開放F値1.8の)を

買いました。

今まで、スマホ(F値2.4まで)でしたので。



はい。戻りまっす。

写真は発泡スチロール箱(チャー〇)。


資源を有効活用しまっす。

中身はブセ6種ですね。

他のは水中イってます。

右上のはエキノドルス ウルグアイエンシスっす。



どこにでもある普通の水上栽培です。

でも、温室内なのでフタは要りません。

専用の水中ヒータも要りません。

間接光育成なので、照明も要りません。


はい。ストックに経費は盛り込まない。


で、題名のウォードの箱って、

皆さま方はご存知だと思いますが、

ヨーロッパ発祥の屋内園芸の元祖ですよね。


元々、電気がない時代に

植物が育たない季節や

ロカリティにおいて地場にない

熱帯性の植物を育てる技法として

確立したモノでっす。


ガラス容器育成で、

生育と鑑賞を同時に

楽しむ素晴らしい方法です。



はい。現在に当てはめると、

温室栽培は直系の進化形でっす。

(植物園とかの)


アクアリウムは水草の水中育成なら、

かなり近いですし、

生体育成に重きをおけば、

方向性が違います。


日本では、

水槽内で生体を飼う事は、

江戸時代には町民文化として

根付いている歴史です。

(それより古いと池の鯉育成が主体)


水草主体の育成は歴史的には新しい

モノでっす。


水草と生体を同時にかつ長期に

育成出来るようになったのは、

歴史がさらに浅いです。



想像ですが17、18世紀には

水草は川や池沼、水田には

今より遥かに潤沢?に

生い茂っていたはずです。

ですから水槽内で育成して楽しんで

いた方は居たのか居なかったのか。

キンギョモの歴史は調べていませんが。



そして、現代において水草育成している

方なら、電気や炭酸ガスなしでは、

長期に水草を育成する事は

困難である事も理解されていると思います。



で、私はよりウォードの箱的に水草を

育成して、水草をストックしています。


数は数えてませんが100種類は超える

量の水草を管理するには、

水上栽培が最適です。

これは以前にも書きました。

水草ファームの育成を見れば、

一目瞭然です。


私もレイアウトで使用しているモノ及び

沈水性水草以外はファームに

見習っています。



多くの水草と出逢い、

そして育てたい、

そんな気持ちでっす。



では✋゛






他の水草ストックはギャラリーでどうぞ。



クリプトコリネ。

温室外なのでフタしてまっす。






アヌビアス。









エキノドルス。クリプトコリネ。セラギネラ。

育成環境が近いモノは、まとめます。





高級ニムファ(頂き物)とミクロソラム。

他に浮いているのは、

ストロギネとヒドロコティレ、ロタラなどなど。


破片が入ると勝手に生育しちゃいます(笑)







窓辺にタッパ。


中身は・・・。




こんなにぎっしり(笑)


後で使おうと放置 育成していたら、

根付いて取れなくなるという失態・・・。








水辺植物とモスの育成洗面器。

顔は洗えませんよ、きたねぇもん。








部屋内ビオトープ(季節モノ)







実験中の乾季雨季水槽も

広義の上ではストック的ウォードの箱っす。

1ヵ月半は過ぎましたね。

何も変化がないという・・・。







ウォーターローンは瓶で培養もしてまっす。

一部ニューラージ。



という事で長くなりすぎたので

この辺で(笑)


他にもあるんですけど、

それはいつか。



最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

   ⇓

えーと、実は

ブログ1周年過ぎてます(;'∀')エッ

コメント

  1. いっぱい水草持ってますね~( *´艸`)
    アヌビアスの中にマコデスww
    ウチは前はストック水槽でもしてました
    現在は瓶がメインで温室にも少しに
    規模縮小しました・・・(;^ω^)
    私的には乾季雨季水槽が気になってるので
    こうやって時々出てくると嬉しいですww

    返信削除
    返信
    1. もう、数える気が無くなりましたぁ(ФωФ)
      でも、買った水草のデータを取りだしたので後々は数えれるかもです(笑)

      雨季も後一ヶ月強ですね、変化しない理由が水流とか風とか、水替えしてないからか⁉
      う~ん、興味深いです。が、雨季で変化ないならずっと乾期で良いかなぁと思い始めてますww

      削除
  2. ロビさんとこはうちのウォードの箱(プラ容器)の上位互換ですねw
    うちのもなんだかんだ種類が増えてて次の箱を用意するか悩み中…
    雨季から一ヶ月、意外にも動じないもんなんですねぇ。続報楽しみにしてます!

    返信削除
    返信
    1. いや、こめさん家の衣装ケース?の方が上位ですよね♪

      私も買うなら衣装ケースにします、これからは(笑)

      水槽内の雨季は水草にとって耐えるだけのモノだと結果が出るとさびしい感じですね(ーдー)

      削除
  3. これって種別というより、性質の似ている者同士をまとめて管理ですよね。
    定期的に鉢ごとの状態見るのはなかなか大変そうw

    うちは冬の間は屋外で種で越冬してもらってます。
    いつロストするかわからない恐怖を抱えながらww

    それだと冬の間暇すぎるから屋内水槽で水草の延命延命です。

    返信削除
    返信
    1. 生育環境が似ている同士ですw
      初めは種別だったんですが、それでは不具合(陸生向きか抽水向きか)が生じました(ーдー)
      で、実は容器内に水の有り無しで管理分けしてますw写真では分かりませんけど(笑)

      私個人はサトイモ科全般の植物が好みです。で、育成環境が広く、失敗を重ねて今のストック育成に辿り着きました。
      と言うことで、時間を見つけては趣味部屋に居ます。好きなので大変って考えたことはなかったです♪
      はたから見れば大変に見えるんだなと(笑)

      冬は見る場所が、大小の鉢やら水槽やら実生ケースやらを合わせると見る箇所は100ではきかないです(苦笑)

      種の越冬は良い案ですね!
      岩手は低温(夜間-15℃くらい下がります)なので種以外の越冬は厳しいと思いますのでw
      外にある苔類は、冬の朝は霜柱で5㎝近く浮き上がっててなかなかウケますw

      削除
  4. このウォーターローンはもしや。。
    Gravure Sp.の成長具合も気になるところですがw
    ミニ温室で水上栽培しようと企んでいたら置き場所ないということで却下くらって意気消沈なうです(´ω`;)

    返信削除
    返信
    1. もしやのグラビアウォータローンっす♪
      夏にバテちゃって大変でしたぁ( ゚Д゚)ゞ

      冬に入って盛り返して来ましたw
      ウォータローンをナメてましたぁ‼
      結構ムズい(笑)

      Gravureをいつも読めず、グラビャーって理解してます(笑)
      ナウ中すか((( ;゚Д゚)))
      そういうときは、こっそりタッパ温室ナウっす(ФωФ)

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「普通はイヤ」

 ご機嫌うるわしゅう。

いよいよ、山菜シーズン間近に迫り、

毛穴が開きまくってるトビムロでっす。


はい、今日はスッキリ行きましょう。

睡眠時間4時間でっす。連日。

過酷でっす。干上がりまっす。

・・・・・。


はい、例のブツをイキますよ~。

サックリ。


まずは、見てもらいます。

ほい。



なんともない、私の60スリム水槽でっす。

2か月前の時の写真でっす。

では、最初期の時の

植栽直後を、見ましょう。

ほい。



原型の骨組みはこうだったでっす。昨年4月

はい。ということで、今日は、

「どうやって水草のボリューム出させるか」を

ヤッてイキまっす。

はい。

今日もイキますよー、

簡潔説明。

ちょっと自信無いですよ~。


「植えないで、刺す、そして切る」


はい、簡潔過ぎて何言ってるか

解らないって聞こえてきましたよ~。

はい、アルゼンチンバックブリーカーで、

ポッキンしてポイしますよ~。

・・・・・。


じゃ、うっすら説明しますよ~。

写真から、イキまっす。

ほい。



うあわぁぁ~(*ノωノ)

コワイ~、自分で出しておいて後悔。

あまりにもコワイんで、歴代最小サイズで、

掲載しまっす。

んで、反対側でっす。

ほい。



も一枚、ほい。



最初の画像の両端部の舞台裏

(水槽横から撮影)でっす。

いつも遮光しているので、私も、

めったに見ません。

わずかに貧弱な葉が見えますが

ほぼ根だけでっす。

はい。

この水槽は、水草繁って見えますが、

ほとんど、根だけ水槽でっす。

あれっ⁈普通ですか?

変わってない⁈


少し話し進めます。

以前に私が言ってたことは、

この水槽は水草植えませんって、

言ってました。

正確には、ボリュームを出す為に

底床には、植えませんでっす。

じゃ~、どこに植える⁈って話しでっす。

それから、切るってどこを?

あ~と。一つ、流木にニューラージを

繁らしていますが、ソイルやミズコケは、

使ってません。流木時下でっす。

もちろん、テグスも使ってません。

それは、今回の話しとは違うので、

リクエストあればヤリまっす。


あ~と。も1つあります。

この水槽のスペックを先に出します。

参考まで。

水槽:600×200×300 33ℓ

照明:コトブキ フラットLEDツイン 

ろ過器:エーハイム2211 +

     エア式底面ろ過

     (照明時停止)

CO²:強制添加…

「水草育成技術の語る」

ご機嫌うるわしゅう。

ロビヲだす。


しれっと更新だす。




水草育成に技術を活用する。

園芸の(笑)


・・・。


はい。

知ってる方は知ってると

思いますが、

私の水草育成論は、

すべて園芸から来てまっす。

一般的な水草育成においては、

炭酸ガスの添加だけが

アクアリウム由来でっす。


で、いつも育成技術を

記事にしないんですけど

少し書こうかなっと。






まず写真から、ほい。




こんなの。






裏側はスッカスカ。

というか根のみ。


これはトリミング(園芸でいう盆栽の

仕立て)技術だけで出来まっす。


ソイルのかさ上げとか必要ありません。





あと、ほい。



水草の有茎草を短く育成する。

これも園芸でいうところの

クランプ栽培を使って維持してます。




他にもモスの配置や、

照明の当たり具合で育成方法を

変える等、園芸技術を使っている場所に

枚挙にいとまがありません。




で、今日は上記に上げたクランプ栽培を

書きまっす。


ポイントは3つでっす。


①なるべく強い光。

②無肥料。(ほぼ無し)

③有茎草を寝させる。



以上です。


超簡単だす。


水中でも陸生でも抽水でも

なんでもかまいません。



正直言うと①の強光さえ確立出来れば、

ソイルも土も底床と呼ばれるモノさえ

なくても出来ます。

上の写真は重しを付けて

流木に乗ってるだけです。

根がむき出しっす。




水分は必要ですけど。


私は底床を卒業しました。

飾りで使ってます。

水草を教えてくれた先生は

底床で育つ育たないは関係ないと

おっしゃってました。

以前は解りませんでしたが、

少し解ってきた気がします。





話しを戻します。

それも面倒な方は有茎草を

水面に浮かせておいてください。

1ヵ月で短くて茎間の短い

クランプ(芽が沢山出てる株)の完成です。


注意として寝かせた水草を、

株ごとに切ってはいけないって

ところだけです。


切ると独立株になって大きくなります。

簡単に説明すると一株では、

芽が沢山付くと栄養分が足りなくて

大きくなれないって事です。

かなり大まかですけど。


あと、カリウムを添加している水槽では

出来ません。

以前にも書きましたが、カリウムは

転流に影響していると考えられるからでっす。



園芸をされてきた方には

常識な技術もアクアリウムに

活かせたなら、ちょっと

面白いかもですね。



✋゛








最後まで読んでいただき

ありがとうございま…

「次への布石」

 ご機嫌うるわしゅう。

始まりました

「どこまでもつの?」の時間でっす。

あぁ、ちょっと凹んでましたよ~。

愛用の激安ピンセットが、

真ん中からパッカ~ンしました。

でも、滅入っていても、

仕方ありません、ここは、

エモローランド。

壊れたモノは秘密の魔法で

直しますよ~。




んんん~・・・。


・・・ゴ・。


ゴ・コ・゙ゴ・・・。


ゴォ~。


・・・・・。





ゴ~ム~~~ぅぅぅ⤴




ほい。



おし。





治りました。

- テノイロ、ワル。


ピンセットが壊れたら、接着剤して、

輪ゴムでポンでっす。


先っちょが、気に入らなかったら、

サンダーで、加工でっす。


はい。どうでもイイですね。

ポイでっす。

・・・・・。



さて、Water weedも、やっと、

中盤戦。

私の養生方法を話しまっす。



水草の養生ってなんでしょう?

各個人、手に入れた水草を、

水槽導入に何するか⁈に

ついてですが、色々聞いてみたい

です。

よく聞くのは、水草その前に。とか

メニエール漬けとか、挿し穂部への

ルートンなんかの発根促進剤の

塗布といったのが、多いでしょうか⁈

一番、多いのは、何もしないで、

水槽植え込みでしょうか⁈


はい。私も今書いた内容は、

すべてやりました。


その中の最もな失敗は、

農薬付きの水草をポイして、

エビに可哀そうなことしたことです。

凹みます。慌てます。

随分、昔の気がします。


で、今は、何度か書いていますが、

陸上で保管、管理式の養生でっす。

これにしてから、特別なことがない

限り、養生でロスしたことありません。

特別な事っていうのは、

容器内の水がpH値3点台に

なっていたのに、

気づかなかった事でっす。

あとは、ウチの水中葉水草を、

トリミングして余ったのを移し、

それが陸上化する途中に、

環境ストレスに耐えれず、溶けた。

でっす。

全体の5%ぐらいですが、

トリミング済みのモノなので、

諦めます。大事なのは、

種を消滅させないことなので。

更に、ここでは、自然採集水草に

ついて語ってイキますので、

ほぼ、抽水植物と思って話します。


まずは、私が最も使っている

養生ケースをお見せしまっす。

ほい。



チャ〇ムさんから、送られてくる、

スチロール箱でっす。

それに、水槽用のガラスフタで、

ほぼ密封でっす。隙間は少しあります。

置き場は、日陰で薄暗い…