スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

「手抜きしちゃダメ」

ども、ボックだす。

日々、忙しいね、本業の方。



ところで、こちらも本家ディアゴスティーニから

Robi2が出る(出た?)らしいっすね。

・・・。


・・・。



ヤリニクイジャナイ。




ニセものの6月号なんですが、

ひと月の備忘録的な流れは嫌気がさすので、

久しぶりぶりにコラム書きまっす。



と、その前に、

ウチにプレゼントが来ますた。

ほい。



ほいほい。





えへへ。

ウルグアイな地のエキノドルスと、

ついにウチにも来ますた

ピンキ-な点々のベゴ。


どちらもそれぞれ養生室へGO。

ほい。



ヤッヘ~イ‼


送り主様、ありがとうございますm(__)m

許可を取ってませんでしたので、

名は伏せさせていただきます。

ほい。



・・・・。


ん、デちゃったか。


・・・・。



おし。

(勝手に出してごめんなさい。)





で、戻りますがコラムは、

  「アクアリウムのスケール感」

はい。皆さまのアクアリウムタンクはどれくらいを

使ってますでしょうか?

一応、マンテは水草育成実験ブログとして

書いてますので、あまり大型魚を飼われている方は

見ていられないような気がしますが、

個人趣味な方での水草水槽では私が存じあげている

180㎝が一番大きいかなと思いまっす。


業界的にはリスボン40mという金字塔があるわけで、

その作者の部屋の愛された水槽は4mな訳です。


で、私は4㎝くらいのモノを好んでます。

ほい。




ここで、ネイチャーは数万倍以上とか、ファームなら何倍とかは

無視で進めます。



一般サイズのレギュラ-60㎝とか、

一時期の流行を作った30キューブ。

レイアウトコンテストの主流的な90とか120㎝。

水草レイアウト水槽ならこれで十分かなって、

思ってますけど、賛否両論ありますね。


で、今記事で何を言いたいかの核心なのですが、

水草のスケール感、草体の大きさ、長さについて

タンクのスケールに対してどう使い分けようかという

事っす。


例です。

水草アクアリウムで一般に使用されている陰性水草が

あります。

モス、ミクロソラムやボルビディスなどシダ類、アヌビアスやクリプトなどの

サトイモ科は代表的なメジャーっす。


でこの中で草体(葉一枚ではなく)を比較して、

小さいのはクリプトコリネぐらい?

※ネイチャーでの話しは無視します。

あくまで水槽内の種類ですが、

バラ…