スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2017の投稿を表示しています

「もう一度」

ご機嫌うるわしゅう。

ミスターサタンだす。



水草マニアクス主観ブログ。

マンヲジシテ、スタートどす。

遅れますたが7月号の発汗、、、

発刊どす。



はい。まずの報告会。

まず写真をどうぞ、ふい。



うん。きたねぇ。

水を入れない水草栽培水槽。

の現在。

調子が戻ってきますた。


で、雨季と乾季を3か月おきに入れ替える実験を

してたの。

うん。昨年11月まで乾季、12~今年2月雨季、3~5月乾季で

6月~は雨季の予定だしたが、急遽止めました。

実験ストップだす。

というか、もうやりません。

なぜか?

結論出ました。

イっちゃいますよ。

ええですか?


・・・。



雨季はダメだ。

水没はです。



・・・。


そういう事です。

生長しないぐらいなら

目をつぶりますが、

ロストする水草が多くて

放置出来ませんでした。


で、止めました。

結論「水中では生命維持装置なしには

水草を維持できない」


この現実は悲惨です。


陸生なら生命維持装置(照明、ろ過機、

CO²など)は必要なしで十分に育つのに。


・・・。


という事で実験終了です。


みなまで言いません。

本意ではありませんが。


いつか私の考えと同じくして

実験する方が、私の実験結果を覆して

くれるだろうと期待する思いでっす。



水上栽培。繁。




清流。姿無し。



・・・・。






はい。気を取り直して

次の実験フラグ&開始ネタを。



写真をどん。



はい。また、きったないですね~。

私の部屋の衣装ケースでっす。




さらにほい、ほい、ほい。



鉢の中にエキノドルス・ローズ。2年陸生。





エキノドルス・マヨール。多分2年生。





エキノドルスsp.(俗:キューピーアマゾン)2年生。



エキノドルスが4人入ってます。

水中だと大きくなるので

陸生でチッパく維持してました。

んで、今日の主役をほい。



この写真をみて、種類を当てれる方は

そうそう居ないんでないでしょうか。

エキノドルス・スバラータス・ポインティ。


図鑑で見た事がある方は驚くのではないでしょうか。

通常に水中栽培なら20㎝超えの長葉の

エキノでっす。

陸生で1年半以上キープしていたのですが、

やはり長葉タイプは陸生より、水中の方が

調子が良いです。

先ほどのマヨールもそうですね。

ローズやキューピーアマゾンの広葉は

陸生の方が調子良いです。


で、本題ですが、

彼を水…